雷音のち時雨

手を繋いだ幼少の頃の夏に。

そこになにがあるかも解らずに、

遠くへ遠くへ雷鳴と共に消えた夏蝉と君へ。


春の日差しが差し昇るは心地の良い風当たり。

君の目に。

遠くへ遠くへ雷鳴と共に消えた夏蝉と君へ。。



sound bomb 反旗翻す。

乾き潤す technology!!



くすんだ色には心など無くした人間。

絶え間ない攻撃に、ひとひらの感情閉じ込める。

真っ白なこの世界に筆を入れるのは君だろう。

絶え間ない攻撃に、ひとひらの感情閉じ込める。